So-net無料ブログ作成


遂に勢ぞろい!ディズニー周辺の3つの豪華ホテル

リコリンとリコピンの違い [雑感]

リコリンとは、アルカロイドの一種で植物に含まれる有毒物質のひとつ。
その植物とは、彼岸花。
彼岸花.JPG

その毒で持って、ネズミなどの小動物を畦から遠ざける。
結果、畦の損壊を防ぐことができるというわけ。


一方、リコピンはカロテノイドの一種で、トマトやスイカなどに多く含まれる赤い色素のこと。
抗酸化作用や、コレステロールの抑制作用など有益な物質と言われている。

最近ではあまり流行らなくなったのかな?




ランキングに参加しています。良かったらクリックしてね


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。